全日本ロードレース選手権とは
文部科学省所管の財団法人であるMFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)が主催し、全国6か所のサーキットを転戦し年間チャンピオンを争う国内最高峰のオートバイ・ロードレースシリーズです。1961年にMFJが設立され、1962年に全日本ロードレースを初開催しました。
現在は、JSB1000(市販車改造)、J-GP2(レーサー600㏄)、ST600(市販車改造)、J-GP3(レーサー250㏄)、JP250(市販車改造)の5クラスが併催されています。

詳細は下記サイトをご覧ください。
Top